八つ橋 種類

京都伝承のお菓子、八つ橋の種類

 京都の老舗、御殿八つ橋本舗の八つ橋の種類をご紹介いたします。
 昔ながらながらの、八つ橋をはじめ、粒餡・マロン餡・黒胡麻餡・イチゴミルク・チョコクリームを包み込んだ「おぼこ」、八つ橋ショコラ等、いろいろな種類をそろえております。どれも京都のお土産には最高のアイテムです。
チョコクリームとの今風の調和 主に米粉・砂糖・桂皮を練り混ぜた生地を焼きあげ仕上げた、京都の昔ながらのお菓子です。八つ橋は、琴の演奏家・作曲家でもある八橋検校(やつはしけんぎょう)を偲んでつくった琴のような形のせんべいです。
 現在、その種類は、焼き菓子の八つ橋だけでなく、ニッキや抹茶風味の生地そのもの(焼かずに半生状態)の生八つ橋や、その生地であんやチョコを包んだ商品など、たくさんの種類があります。

パリパリ食感、ニッキ風味の八つ橋

ニッキ風味 今なお人気抜群 八つ橋個包装

 さわやかなニッキ風味、お口いっぱいに広がります。京都のお土産としても、今も人気の高い商品です。

八つ橋 はこちらへ

生地そのものの風味が嬉しい生八つ橋

生地そのものをお召上がり下さい。 抹茶風味 ニッキと抹茶

  生八つ橋 ニッキ風味      抹茶風味

米粉で作った、ふんわり、モチモチ生地のおいしさをご堪能下さい。

これら 生八つ橋 はこちら

生地にあんやチョコレート等を包み込んだ生八つ橋

おぼこ ニッキ味 おぼこ 抹茶味 おぼこ 梅味

  粒餡入り「おぼこ」ニッキ味      抹茶味           梅味
 もちもち生地で小豆粒餡を包み込んだ、素朴なあじわい。ニッキ・抹茶・梅等の風味がお口に広がります。

これら 粒餡入り生八つ橋「おぼこ」 はこちら

黒ごま ふくさ イチゴとミルクベストマッチ 季節限定 マロンのロマン

黒ごまふくさ     イチゴミルクの生八つ橋      マロンのロマン

 黒ごま餡、イチゴミルク餡、マロン餡等をふわふわモチモチ生地で包み込みました。

これら いろいろな種類の生八つ橋 はこちら

現代風の味と食感、八つ橋ショコラ!

チョコクリームとの相性は最高 現代風和菓子 チョコをはさんだ今風の和菓子

もっちり食感の生地でしっとりチョコクリームを包みました。

八つ橋ショコラ はこちらへ

 

ここでは、八つ橋の種類をいろいろご紹介いたしております。ご購入ご希望等の詳しくは詳細ページをご覧ください。

お支払い方法・配送料金について

配送するトラック 配送するトラック
■ 配送料金について
  お買上金額 3,000円未満870円(税込)、3000円以上は
  620円(税込) 10,000円以上は、 送料無料。

 

■ お支払い方法
【代金引換】
 代金引換 ゆうパックの代引きになります。商品到着時に、配達員にその場で料金をお支払いいただく方法です。

 

【先払い(銀行振込・郵便振替)】
 銀行振込 郵便振替 事前に、三菱東京UFJ銀行・ジャパネット銀行・郵便局にお振込みいただく方法です。振込手数料はお客様でご負担下さい。 口座情報はご注文確認後、ご連絡させていただきます。

 

■ お届け日・時間指定可能
お届け日、日時指定可能 お届け日、お届け時間のご指定は、カートの中で希望日時をクリックするだけなので簡単になりました。

 

■ 発送について
 通常ゆうパック便か、ヤマト運輸の宅急便になります。
ご入金確認後の発送となります。郵便振替の場合、確認に2〜3日要します。お早目の振込をお願いいたします。

 

■ 営業時間
 ご注文メール(サイトからのご注文)は、24時間365日受付けております。 お電話でのご注文は、毎日9:00〜17:00とさせていただいております。万一、留守の場合は下記携帯電話までお願いいたします。

 

お問合せ

京都北山の情緒 鹿苑寺舎利殿(金閣)

鹿苑寺 金閣

 お釈迦様のお骨をまつった舎利殿「金閣」が特に有名な為、金閣寺と呼ばれていますが、正しくは「鹿苑寺(ろくおんじ)」と言い、臨済宗相国寺派(りんざいしゅうしょうこくじは)の禅寺です。(1994年、世界文化遺産に登録されました。)
 この地は、鎌倉時代に西園寺公経(さいおんじきんつね)の別荘北山第がありましたが、足利三代将軍義満が大変気に入り、応永4年(1397年)に西園寺家から譲り受け、山荘北山殿を造りました。金閣寺を中心にした庭園・建築は極楽浄土をこの世に現したと言われ、後小松天皇(一休禅師の父)をお招きしたり、又、中国(明国)との貿易を盛んにして文花の発展に貢献したところで、この時代の文化を特に北山文化と言います。
 義満の死後、遺言通り夢窓国師を開山(初代住職)として義満の法号鹿苑院殿から二字をとり、鹿苑寺となずけられました。
2層と3層は、漆の上から純金の箔が張ってあり、屋根は椹(さわら)の薄い板を何枚も重ねたこけら葺(ぶき)で、上には中国でめでたい取りといわれる鳳凰(ほうおう)が輝いています。1層は寝殿造で法水院、2層は武家造で潮音洞と呼ばれています。3層は、中国風の禅宗仏殿造で究竟頂(くっきょうちょう)とよばれ、三つの様式を見事に調和させた室町時代の代表的な建物と言えます。
 昭和62年(1987年)秋、漆の塗替や金箔の張替、更に天井画と義満像の復元を行いました。又、平成15年(2003年)春、屋根の葺替を行いました。